キャッシング 金利安い

MENU

お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

金利ゼロ(無料)の借り入れ業者を比較します!

 

当サイトにお越し頂きましてありがとうございます。

 

キャッシングしたい時、何を重視して業者を選びますか?金利、審査スピード、WEB対応など色々ありますよね。

 

実は、融資金額が少ない場合や、すぐに返済出来る場合には、金利差が大きな利息の差となって表れません。

 

こういう場合には、金利を見るよりも他の要素、例えば審査スピードなどでキャッシングを選んでも良いですね。

 

逆に、大金を借りたい場合や、返済までにある程度の時間がかかるようであれば、金利を重視して選びたいです。一般的に消費者金融のキャッシングサービスは、銀行と比較すると金利は高めである事が多いです。

 

しかし、一定期間金利ゼロで融資をしてくれる消費者金融も存在します。たいてい一ヵ月間のみとなりますが、返済に半年かかったとしても丸々一ヵ月分は金利ゼロとなるので、トータルで見れば低金利となる場合もあるのです。

 

このサイトでは、低金利でキャッシングする方法から、金利ゼロで借りるサービスの紹介、比較ランキングも掲載しています。

 

ぜひご利用になり、キャッシング業者選びに活かしてくださいね。

 

キャッシングの金利が安いのはどこで借りる場合でしょうか?

キャッシングの金利が安いのは、どこで借りる場合か気になるという人も多いです。

 

確かにキャッシングの金利が1%安いだけでも、長い期間返済し続けていると、結構な返済額の違いが出てしまいます。

 

少しでも安い利率でキャッシングするなら、銀行や信用金庫などの金融機関から借りると良いですね。キャッシングの金利を比較する方法として、ランキングサイトをご利用になる方法があります。

 

ランキングサイトなら銀行の特徴なども紹介しているので、自分にあった所を探しやすいです。ランキングサイトを利用する場合は、一つだけに絞らず、複数のサイトを利用してみると良いです。

 

銀行や信用金庫のキャッシングは、金利が安い他にサービスのクオリティが高いことも多いです。

 

キャッシングを申し込むと同時にその口座を開設すれば、ポイントが付与されたり、一定期間利息が0円になるなどのサービスを用意している銀行もあります。

 

また、ネットバンキングが利用できる銀行なら、わざわざ店舗まで出かけなくても、インターネットができる環境があれば簡単にキャッシングや返済が出来ます。

 

キャッシングの金利の上限はどれくらいなのでしょうか?

キャッシングの金利には上限が決まっています。これは法律で決まっているものであり、これを超える利率をつけることは法律違反となり、無効とされます。

 

キャッシングの金額によって上限は異なり、10万円未満であれば年20%までです。10万円以上100万円未満の場合は年18%まで、100万円以上の場合は年15%が上限となります。

 

消費者金融の多くは、年18%までと表示していることが多いですが、これは単に審査の結果としてキャッシング限度額が10万円から100万円の範囲になることが多いために、このように表示しているに過ぎません。

 

もしキャッシング限度額が10万円未満の場合は、年20%まで法律上では認められています。

 

ちなみに、これはあくまでもキャッシングにおける通常の金利であり、返済期限を過ぎた場合の延滞利息の計算はこれとはまた別になります。

 

ただし、実際はこれと大きく変わるようなことはなく、銀行でも消費者金融でも、20%程度とされていることが多いです。

 

キャッシングの金利は銀行のものと比べどうなのでしょうか?

キャッシングを初めて利用する時に気になる事は金利ですが、消費者金融と銀行の金利を比べるとどうなのかというと、銀行の方が低いことが多いです。

 

消費者金融でキャッシングサービスを利用する場合は、一般的に上限金利として約18%、遅延利息で20%位が年率でかかります。銀行の場合は、上限金利が15%位のところが多いです。

 

実際にキャッシングするときの金利は融資金額によって変わります。10万円を借りるときは18%、300万円なら4%といった具合にです。

 

消費者金融は、年収の三分の一までしか融資できない「総量規制」という法律の対象となっています。その為、消費者金融から高額キャッシングするのは現実的ではありません。

 

銀行ならば総量規制の対象外なので高額キャッシングも可能ですが、当然の事ながら、その金額を借りるにはそれなりの審査時間が必要になります。これは低い金利で借りる為には致し方ない事です。

 

その点、消費者金融の場合は、申し込みから融資決定までのスピードが早い事が多いです。

 

キャッシングの金利は一括で返済すると少ないのでしょうか?

キャッシングの金利は、一括で返済することで負担を減らすことが出来ます。どれだけの節約になるかは、実際に計算をしてみましょう。

 

極端な話になりますが、50万円を金利18%でキャッシングして、リボ払いでの毎月の返済額が7500円だったとしたら、毎月利息の返済だけをして、元金はぜんぜん減らないという事になります。

 

これは、1ヶ月間借りた場合の利息がおよそ7500円だからです。そうなると永遠に返済は終わらず、利息の7500円だけを毎月支払っていく事になります。

 

実際にはこんな返済額は許されておらず、利息に元金を足した金額を支払う必要があります。

 

キャッシングでは、ほとんどの場合リボ払いとなっていますが、リボ払いは毎月の負担が少ないことがメリットである反面、元金がなかなか減らないというデメリットもあります。

 

キャッシングでは、お金に余裕が出来たときに一括で返済をすると、総支払額が少なくて済みます。あるいは、一括ではなくても一部でもいいので、支払って元金を減らしておくことをお勧めします。

 

金利が無料になる借り方があるのでしょうか?

現在、キャッシングが身近になってきた事もあり、金融会社がユーザーに有利にご利用してもらえるようなサービスを展開しているのですが、その中には、金利が無料になるような借り方もあります。

 

通常、キャッシングサービスを利用をするときには、最大で年率20%程度の金利を元金と共に返済しなければなりません。

 

しかし、一部の消費者金融では、初めてキャッシングをご利用になる場合、一定期間内に返済をすれば金利が無料となるサービスを実施しています。

 

各社によって期間は様々ですが、平均的には一ヶ月位が多くなっています。中には、初めてだけでなく、その後何度もゼロ金利でキャッシングサービスを受けることが出来る会社もあります。

 

消費者金融業界は、ある期間にお得なサービスを打ち出す場合もあります。

 

コンビニなどのATMでキャッシングを受ける際に、発生する手数料などが無料になるなどのサービスもよくありますので、事前に情報収集をしておくと良いですね。

 

キャッシングが安いクレジットカードはありますか?

クレジットカードについているキャッシングの金利が安いのなら便利に使えますが、残念ながら、銀行などと比べると高金利になっています。

 

クレジットカードはショッピング機能のほうがメインなので、キャッシングについては「おまけ」に思っておいたほうがよいです。

 

カードショッピングなら、1回払いや2回払いで手数料はとられない場合が多いですし、分割払いにしてもキャッシングに比べると手数料は安いです。

 

カードショッピングであってもリボ払いにしていると、高い手数料がとられる事もあるので注意が必要です。

 

キャッシングの金利が安いクレジットカードは、ないというわけではありません。

 

例えば、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどのステータス性の高いカードでは、年会費が高額ですが、金利は銀行のカードを使うローン並に安くご利用できる所もあります。

 

しかし、一般的にはクレジットカードはショッピング機能が主な用途ですので、キャッシングのサービスについてはあまり期待出来ないことのほうが多いです。

 

金利が安いところでキャッシングしたいのであれば、銀行のカードローンなどを検討するべきです。

 

キャッシングの金利はどのように計算するのでしょうか?

キャッシングの金利の計算方法は、キャッシング会社の定める実質年率という数字で表された利率をもとに計算します。

 

実質年率は、ある金額のお金を1年間借り入れしたときに、支払うことになる利息の金額を表しています。例えば、実質年率18%で10万円のお金を1年間借りたら、単純計算で1万8千円が利息になります。

 

実際のご利用状況では、利息の支払いは1年分一括ではなく、毎月支払うことになります。月々の利息の計算方法は、まず借り入れ金額に実質年率を掛けて1年間の利息を出し、それを365で割ることで1日あたりの利息を出します。

 

最後に、その金額に1ヶ月の日数である30または31を掛けたものが1ヶ月分の利息となります。10万円×金利18%÷365日×30日=1479円で、約1500円が利息となります。

 

しかし、毎月この金額を支払っていても元金は全く減りません。実際には元金プラス利息分を支払っていくことになります。毎月の返済額を多くすることで、支払う利息を減らすことが出来ます。

 

キャッシング会社の選び方としては、実質年率として表示されている数字が小さいほど、金利が安くご利用になれます。

 

計算シミュレーションどう使えば効果的でしょうか?

キャッシングを受けるときに、一番気になるのは金利だという方がいます。返済不能にならぬよう、あらかじめ計算してシミュレーションしておくと良いですね。

 

もちろん自分で計算しても良いですが、銀行や大手消費者金融のHPには、毎月の返済額などがわかる、計算ツールが用意されている場合が多いです。

 

ここで、ある銀行でご利用可能なツールを紹介します。まず3種類のツールがあります。順に説明しましょう。

 

最初は毎月返済額のシミュレーションです。これは、借入金額、返済月数を入力すると毎月の返済金額がわかるものです。これで返済計画が立てやすくなります。

 

次は返済期間のシミュレーションです。借入金額と毎月の返済額を入力すると、返済期間がわかります。どれだけの期間、家計に影響するか判断できます。

 

最後は借入可能額のシミュレーションです。毎月の返済額、返済月数の入力から、借入可能額がわかります。借入金額がはっきりしている場合に有効です。

 

こんな便利なツールがあるんですね。

 

キャッシングの金利0(ゼロ)になるキャンペーンはあるのでしょうか?

キャッシングの金利がゼロになるキャンペーンはあります。大手の消費者金融ではこのサービスを行っているところがたくさんあります。

 

初めてした契約のキャッシングについて、一定の期間は金利ゼロになっていて、その期間が過ぎたら、その後は通常通り金利が発生するという仕組みになっていることが多いです。

 

キャッシングの金額については、ローン審査で通った範囲内であればいくらご利用でも構いません。一定の期間というのは、1か月程度に設定されていることが多いです。

 

ですので、この期間内であればいくらキャッシングしても利息はつきません。ゼロです。

 

注意点として、初回キャッシングから1か月以内であれば、完済後に再度借り入れしても金利は0になるところもありますが、会社によって異なる事も考えられますので、2回目のキャッシングに関しては確認する必要があります。

 

また、ごく一部の消費者金融では、何度でもご利用から一定期間は金利ゼロとしているところもあります。